2010年10月27日

たらふくメーリングリスト紹介

リョウタです

たらふくの湯のみが小さい理由を知っていますか?


なぜ、急須をテーブルに置いてこないかしっていますか?


先日、とある中華料理屋さんでご飯を食べました。
食後のお茶を持ってきてもらって、すぐ飲み干しちゃいました。
綺麗なお姉さんが、何も言わずに笑顔でお茶を足してくれました。

そのお姉さんは気が利いてました。
そのお姉さんはすごく綺麗にみえました。
そのお姉さんは優しく思えました。
そのお姉さんは僕の事を好きなんじゃないかと勘違いしました。
世の中にはお姉さん(女子)しかいらないんじゃないかと思いました。


ちょっと、言い過ぎましたが、お茶一杯で、かなり幸せな気分になれます。

そのお替りが前提だから、湯のみが小さいのです。



みんなはぼくが、「○卓さんのお茶大丈夫?」ってきくと「さっき出たばかりです」と返事をしてくれます。

でもじつは、さっき出たばかりかどうかは関係ありません、お客様が欲しいと思ったかどうかが大事なのです。

お客様自身も、別にお茶は欲しくないかもしれません・・・でも、お替りを「用意しましたよ」っていう心遣いは欲しいかもしれません。

お茶が無駄になってもかまいません、お客様が席を立たれる前に、お替り如何ですか?もう一度聞いてみてください。


満面の笑みで。


その一歩、その一瞬が、真実の瞬間なのです。



※ 真実の瞬間=顧客が企業に評価を下すきっかけとなる瞬間

  

Posted by tarafuku29 at 19:45Comments(1)TrackBack(0)

2010年03月04日

アルティメットなお手紙

Image336

世界的なNGO団体でお仕事をされていらっしゃるお客様から
エンパイアステートビルを背景に、たらふくTシャツ姿の写真を送っていただいた。


このお客様は、日本に帰ってくるたびにセントレアからたらふくに直行してくださる。

ご自宅は大阪なのに・・・


とてもお忙しいお仕事をされているのに、こんな写真を撮っていただいて・・・
というか、覚えていてもらえていることが嬉しい☆☆


こういうのがあるからサービスのお仕事は癖になる♪


明日もがんばろっと!!!  
Posted by tarafuku29 at 21:29Comments(0)TrackBack(0)

2010年03月01日

仲良しクラブの廃部

昨日の営業中
スタッフが常連様のオーダーを頂いた後
「店長、ポン酢下さいとおっしゃってます」というので
ポン酢を作ろうとしたら、キッチンのスタッフから
「特選ロースのカット…自信がないのでお願いします」と言われた。


キッチンに入って特選ロースをカットして、ポン酢を作った。
僕の横ではスタッフがいつものように特選ロースにタレを絡めていた。


ポン酢をカウンターに出したら、オーダーを聞いてきたスタッフが
「特選ロースと一緒にお持ちするので置いておいてください」と言う…

「?」
もしかして、そういうこと?
特選ロースをポン酢で食べるなら、タレをからめちゃいけないんじゃない?
僕はすかさず「タレつけていいの?」と聞いた。


彼もすかさず「多分大丈夫だと思います」と答えてくれた・・・


その「多分」という言葉の根拠は彼にも僕にもどこにもなかった。
そこにあったのは・・・

条件反射的に出た「多分」と言うとても曖昧で、それゆえに人の心を瞬時に麻痺させる
ある種の甘美ささえ感じさせる音の響きだけだった。


にもかかわらず、僕は言った
「そっか・・・」


そのスタッフの意見を尊重しているようでいて、まったく中身のない返事。
言葉の上っ面だけをなぞって、自分と相手をぬるま湯の中に引き込む
これまた悪魔的な相槌・・・
「そっか」


結果は明白だった、怒るお客様、うなだれるスタッフ。


そのスタッフはとても落ち込んでいた、いつも声をかけてくれる
大好きな常連様の期待を見事に裏切ってしまったのだから・・・




狎れ合いが生んだ悲劇。


一番の問題は、一瞬の判断を躊躇したリーダーの能力だ。


同い年のそのスタッフと僕は、本当にいい勉強をさせてもらった。


帰り際に、僕たちが落ち込んでないか気を使って優しい言葉をかけてくれる常連様…

熱くなった目頭に、二人の成長を誓った。
  
Posted by tarafuku29 at 17:42Comments(0)TrackBack(0)

2009年11月03日

HAPPY HELLOWEEN!!

SBSH0021
SBSH0022



ハロウィン企画大成功でした★


亀山店では魔女コス美少女が大活躍したそうですが♪画像がありませんorz


びっくりしたのは意外と 「トリック オア トリート」が世の中に普及してなかったことです。

確かにハロウィンって何なのか全然僕自身わからないですもんね(笑)

でも・・・
スタッフの女の子が盛り上がってお菓子配りまくってくれたんで
なんだかみんな楽しい気分になりました★★☆


ぱんぷき〜〜ん



店長りょうたでした。



  
Posted by tarafuku29 at 21:12Comments(0)TrackBack(0)

2009年09月16日

禁煙席☆

たまに禁煙席はありませんか?と聞かれますが・・・


無縁ロースター完備の焼肉屋は実は全席禁煙席で喫煙席なんですね。

じつは。


だって、煙吸い込みまくってますから。


だから結構赤ちゃん連れのお客様や、妊婦のお客様も多いです☆


隣に白子クリニックさんがあるのも影響してるかもしれませんが。  
Posted by tarafuku29 at 00:23Comments(0)TrackBack(0)

2009年09月13日

合同ミーティング☆

Image294


合同ミーティング☆


先日、新店の亀山店スタッフと合同ミーティングを行いました。

これまで生きてきた中での感動エピソードを個別に発表していく
という内容でしたが、これがなかなか・・・ぐっとくる内容ばかりで
とても意義のあるものになりました☆


インドネシアンのアスリは、最初言葉が通じないので
仕事のことになるとついつい厳しい口調になってしまう、たらふくのスタッフの
ことを「悪い人たち」とおもって、自分のことを「かわいそうなアスリ」と
おもっていたそうです・・・今となっては笑い話ですが(笑)


でも…それでもやめずに
こんなもんじゃないはず…
とたらふくの可能性を感じ取って、ほかのバイトを辞めて
たらふく一本に絞ってがんばってくれました。

そうこうするうちに、みんなの言っている意味がわかってきたそうです。

「嫌いだから言ってるんじゃないんだ」

良いお店にしたいから・・・
みんな思ったことをどんどん言っているんだ!!

と気付いたとき…
「この人たち、悪い人たちじゃないんだ!!」と気付けた時が
感動したらしいのです。


今となったら笑い話でも、異文化の中で孤独な思いをしていたその時の
アスリの気持ちを想像すると、ほろっと来ました。


その当時のアスリのメモ帳に、「負けないで、アスリ!」と自分で書いてあるのを見せてもらいました。

こうやってできた仲間って本当にうれしい。
  
Posted by tarafuku29 at 22:59Comments(0)TrackBack(0)

2009年07月01日

鈴鹿 焼肉 たらふく 白子

IMG_8993


白子のたらふくさん!


また変な看板作ったみたいですよ。。。



「あなたの笑顔が私の生きがい」



初めのころは「嘘くさい!!」と怒られたりしたけど


5年言い続けたら、やっとみんな僕の馬鹿さ加減に気が付いてくれた。


そう、
本気なんです。  
Posted by tarafuku29 at 02:30Comments(0)TrackBack(0)

2008年10月25日

アツい研修5


改修工事でお休みをいただいている機会に

スタッフ研修をしています!!

ホール・キッチンスタッフ皆で集まり、

「私たちが考えるいいお店とは」というテーマで

Aチーム・Bチームに分かれて

グループワーク&プレゼンを行いました。

作業中の様子

DSCN0073

DSCN0074






それぞれの発表に対して

さまざまな鋭い質問や意見が飛び交い

アイディアが磨き上げられていきます。

2日間にわたって、みっちり行い、

最後にみんなでパチリ☆


DSCN0079







さて、10月29日の改装オープンに向けて

ますますがんばりまーす!!

  
Posted by tarafuku29 at 16:13Comments(0)TrackBack(0)

改修工事中5

みなさん、こんにちは!

さて、ブログでのご報告が遅くなってしまいましたが・・・

10月14日(火)〜28(火)まで、厨房の改修工事のため

たらふくのお休みをいただいております。

皆様には大変ご迷惑をおかけしてしまい、

申し訳ございません。。。。。。

ちなみに今週の工事中の様子、こんな感じです。

DSCN0081







おかげさまでオープンから11年が経ち、

少しずつ古くなってきたキッチン設備を

一斉にお手入れする工事をしております。



そしていよいよ来週、10月29日(火)に

リニューアルオープン!いたします。

今後とも焼肉たらふくにご期待ください。

新米祭りも始まりますよ〜


店長:リョウタ  
Posted by tarafuku29 at 15:56Comments(0)TrackBack(0)

2007年11月06日

雨の日

昨日の雨は冷たくて


お客様も少ない


そんなときに初来店のお客様がいらっしゃると
すこし不安になる。


「ひまそうだなぁ・・そういえばあんまりおいしくないぞ・・」


とか、思っていらっしゃたらどうしようかと…




レジの時に一言
「すごく久しぶりに来たけど、やっぱりおいしいね!また来るよ☆」




いやぁ
涙でそうだった。  
Posted by tarafuku29 at 13:51Comments(0)TrackBack(0)

2006年11月08日

敏腕チーフの旅

今日からチーフのいない営業がはじまった。


きのうからチーフは東京で店長研修を受けている。
一ヶ月間
知らない土地で、初めての一人暮らし・・・
不安だと思うけど頑張って欲しい。


研修が決まったとき、とてもプレッシャーを感じているようだったけど
きのう、初日が終わった後電話で話したら結構楽しんでいるようだった。

新しいこと、自分が知らないことに出会ったとき・・・どう行動するか。
この瞬間の自分の気持ち次第で人生は大きく変わっていくと思う。
チーフには是非楽しんで欲しい。



そして同時に
チーフのいない間他のスタッフがどう成長するか・・・
「名人絶えて後絶えず」

僕自身、チーフの代わりになろうとするスタッフをどれだけサポートしながら
育てていけるのか、マネジメントの能力をもっと向上させるチャンスかも知れない!!!  
Posted by tarafuku29 at 01:00Comments(0)TrackBack(0)

2006年11月07日

ウサギとカメの話し@頭の中

感動しがちな自分に、疑いの目を向けてみたら・・・
この話には、大事な点が抜けていた。



起こされたウサギが、
またカメを置いてけぼりにしたら・・・カメがあまりにも不憫だ。

共に幸せになるためのプランBを考えてみる。

.メは足が速くなる特訓をしてからウサギを起こした
◆秣の早さ>というゴールよりも、<共に乗り切る気持ちよさ>がゴールなんだ と伝える能力を得てからウサギを起こした

どちらにせよ、カメに能力がなければだれも幸せにはならない。
力は必要だ。
力があってこそ、その力をどう使うかの議論が出来る。


☆☆☆☆☆

ウサギは初めからカメを待ってあげるつもりで昼寝をしたのかも知れないけどね・・・

もしかしたら。

  
Posted by tarafuku29 at 12:43Comments(1)TrackBack(0)

2006年11月06日

ウサギとカメの話し@てっぺん

月曜日に桑名のてっぺんという居酒屋さんに行った☆
そこで聞いた、店長さんのお話。ウサギとカメ



ウサギはカメを見ていた

カメはゴールを見ていた



だからウサギは油断した

だからカメは諦めずに勝った


★★★★★


僕はただ単純にいい話だと思った。


★★★★★

「どうしてカメさんはウサギさんを起こしてあげなかったのかな?
私なら、一緒にゴールした方が楽しいなぁ」と小学生の女の子が言った(らしい)
「だから、<共に勝つ>がテーマなんです」
    ・
    ・
    ・
僕はまた、ただ単純にいい話だと思った。

★★★★★

いいのかな?これで。
  
Posted by tarafuku29 at 03:38Comments(0)TrackBack(0)

REMIX

今日は近所の美容室(顔剃りあるから床屋かな?)さんREMIXの大将がおみせにやって来て、たらふく商品券をごっそり買って行かれました☆


まいどあり〜


何に使うのだろう?と思ったらキャンペーンの景品に使ってくれるそうです☆
商品券まで買っていただいて、広告までして貰えるなんて!!!!!!!!
大感謝です☆



ちなみに私・リョウタはきのうREMIXさんで最強にカッコイイパーマをかけてもらったので、是非見に来てください!!!!!!!!!!!(笑)  
Posted by tarafuku29 at 03:35Comments(0)TrackBack(0)

理性と感情の生き物

理由は後から説明します、まずやってみてください。

・・・と言われたらどうしますか?


やってみたらいいと僕は思う。


人間は理性だけで生きているわけじゃない。
やってみなければ、感情的な部分は理解できない。


イチローが初めてバットを握ったとき
ヤワラちゃんが初めて畳の上にたったとき
たぶん、何の計算も無かったと思う。

ただ、やってみただけだとおもう。



赤ちゃんが、お母さんの言葉を真似るとき
赤ちゃんが、立ち上がろうとするとき
たぶん、何の計算も無かったと思う。

ただ、やってみただけだとおもう。
  
Posted by tarafuku29 at 03:20Comments(0)TrackBack(0)